プロフィール

久山 輝見子のプロフィール

このブログを始める経緯

私は2016年に子宮頸がんの手術を、2020年に乳がん(パジェット病)の手術をしました。

このブログにたどり着いた方は以下の方が大半だと思います。

  • 自身が「子宮頸がん」か「乳がん」に罹患された方
  • ご家族や友人が罹患された方

このブログは比較的軽度な「乳がん」「子宮頚がん」の闘病や入院生活、その後の治療について紹介します。

初めてがんになったときは、泣き崩れました。
2日ぐらいは何も手につかず、ご飯も喉を通りませんでした。

子宮頸がんの治療中、数えきれないぐらい内診台に上がりました。
婦人科の内診台

さらに子宮頸がんを乗り越えて、5年経たないうちに今度は乳がんに罹患。
幸いこちらは軽度であったため、全摘と広背筋を使った乳房再建術を経て経過観察になりました。

30代で2回もガンになってしまった……。
これはかなり不運なことに感じます。

ですが驚くべきことに2回目のがんの時は、1回目のがん告知の時に比べて冷静でいられました。

②【検査】婦人科と乳腺外科をはしご!診断で分かったこととは…?地元の皮膚科で乳がん(パジェット病)の疑いありと診断された。大阪にあるかかりつけの婦人科に向かった。担当の婦人科医を経由して、乳腺外科の医師を紹介してもらう。乳腺外科医とエコーで乳房を検査する。久山輝見子の乳がんの闘病記第2話。...

それどころか

「すでにがんを経験しているからこの後何をするのか大体わかる」ことから余裕すら生まれていました。

 

初めて入るお化け屋敷は怖いですよね。

どのくらい怖いのかも分からないし、仕掛けも広さもよくわかりません。

結果、何もない暗闇を恐れてしまうこともあります。

ですが同じお化け屋敷にもう1回入るならば、1回目ほどの恐怖はありませんよね。

それと同じだと思います。

私が皆さんの「お化け屋敷1周目」となるべく、このブログで報告します。

何かの参考になれば幸いです。

このブログでは子宮頸がん・乳がんの入院・治療・経過観察について紹介します。

  • ブログを書いている私(久山輝見子)自身は医学の知識は一般人レベルです。術式や治療内容の説明はできるだけ参考リンクをつけます。詳細はそちらをご確認ください。
  • 私自身は「子宮頸がん」「乳がん」の入院・手術の経験はありますが、ホルモン治療や抗がん剤は現在使用していません。
  • 健康食品や民間療法、カウンセリングを治療に取り入れる予定はありません。
    これらの勧誘・ご紹介は善意であるとしても一切不要です。

【年表】

 

年齢 出来事
1984年 6月 0歳 兵庫県で誕生
2015年 10月 32歳 東京で生活中、子宮頸がん発覚
2016年 1月 32歳 子宮頸がんで円錐切除(卵巣嚢腫(皮様嚢腫)・子宮内膜症・子宮筋腫の手術も同時)
3月 32歳 子宮頸がんで広汎子宮頸部摘出術(トラケレクトミー)で手術
2017年 11月 33歳 兵庫県に戻る 婚約者と同棲開始
2019年 5月 35歳 結婚
2020年 8月 36歳 右乳首に異変あり 近所の皮膚科で生検
9月 36歳 乳がん(パジェット病)の疑いありと診断
10月 36歳 右乳房全摘+広背筋皮弁法で乳房再建手術

※年齢は満年齢です

2020年3月までは会社員でしたが、以降は在宅ワーカーとして活動しています。

ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村